イタリアンピザの美味しい食べ方

イタリアンピザの美味しい食べ方

イタリアンピザを美味しく食べる食べ方。

 

私も知りませんでした。

 


ある日、ピザの試作・試食をしていました。

 

1枚・2枚と食べていた時、ふと思いました。

 



上の図のように、先端からチビチビ食べていたのですが

 

これだとすぐにおなかいっぱいになってしまう。

 

特にナポリピザのようにフチがこんもりしている場合

 

その部分を食べきれずに残してしまうお客さんもいる。


さらに、イタリアンピザは薄手の生地にシンプルな具材で構成されているため


先端からチビチビ少量ずつ口に運んでいると、口の中で混ざり合う味わいがどうも弱い・・・。



そこで時間がないことも手伝って、ピザをくるっと丸めてひと口で口の中に突っ込んだところ

 

これが美味しい!!!

 

口の中でボリュームたっぷりのピザを頬張ると、シンプルだった具材がジューシーに混ざり合い

 

口の中で強く主張してくる!

 

しかもチビチビ何度も口に運ぶことがなく、満腹を感じる前にペロッと1枚完食してしまった!!

 

「これだ!これだよ!明智くん!」と荒井注ばりに言わんばかりに意気揚々!

 

 

これならピザ1枚は多いかなと思っても

 

ふちの部分が食べきれない方でも

 

味気ないと誤解している方でも

 

美味しく召し上がれるんだ!

 

 

後日、裏をとるためにインターネットで調べたところ

 

やはり現地イタリアではナイフとフォークを使って筒状に丸めて食べる。

 

こうすれば、「手も汚れず・ふちも残らず・美味しく食べられる」

 

おそらくコレが正しい食べ方・作法とかいうのではなく

 

私が頬張って感じたように、ピザをより美味しく食べるための食べ方なのではないでしょうか。

 

現地の人はそうやって代々美味しい食べ方を受け継いできたのでしょう。

 




①自作のピザです。


②ナイフとフォークでピザをたたむ。

 

 私は手でまきました。


③くるくる筒状に巻いていく。


④半分に切る。


 私は切らずにピザ筒を手に持ってガブガブッ


 イタリアンピザは割りとオリーブオイルが多いので

 手に垂れます。ですから、ナイフとフォークを使うのでしょう。


⑤いただきま~す!


ピザではないですが、ガレットも似たところがありまして(食べ方ではないですが)

 

ガレットもチビチビ食べていると、すぐおなかいっぱいになってしまいます。

 

バクバク食べたほうが割りとあっさり食べきれるのです。

 

早い人は先にザクザクっと4つくらいに切り分けて

 

丸めてバクバクっと4くちで食べてしまったお客さんもいました。

 

ものの5分で完食でございます。

 

ピザもガレットも本来ひとりで食べきれる量だと思います。

 

ただどちらも粉モノということもあり、チビチビ食べていると食べきれなくなってしまうし

 

飽きてきてしまうところもあるんでしょうね。

 

ピザもガレットも「ガブガブいっちゃうよぉ!!」(零士さん風)

 

トマトソースといえば?

トマトソースといえば?


「トマトソースパスタ」ってどういうイメージを思い浮かべますか?

 

このトマトソースという言葉の(味の)イメージって


人それぞれでピタリといくのがとても難しいのです。

 

同じことが近年、ピザにも言えるようで、

 


最近では本格的な釜で焼くイタリアンピッツァ(ナポリピッツァやローマピッツァ)の専門店も多くみられます。

 

生地をのばしてから、400℃以上の高温の釜ですばやく焼き上げます。

 

焼き上がったピッツァは柔らかくて香ばしく、熱々!

 

味は非常に非常にシンプルで、まさに素材そのもの。

 

香ばしい生地の風味・柔らかな食感。モッツァレラの甘みと熱々のトマトソース、そして力強いバジルの香り。

 

この素材そのものの味の構成を自然の恵みに感謝しながら食すのでしょう。


これが本場イタリアのピッツァ。

 

 

しかし、この素材そのものの単純な味の構成を

 

「物足りない・味気ない・具が少ない・味が薄いなど」と感じられるお客さんもいるそうです。

 

なぜか?・・・そうイメージ↓。

 


そうなんです。

 

そのように感じてしまう方は、↑このような「アメリカンピザ」(ピザーラとかドミノピザとか)を

 

イメージしてしまっているのです。


マヨ・コーン・照り焼き・グラタン・ボ?ボンバー?・BBQ・ギガミート。

 

このようなピザを欲求されていらっしゃる場合、


誤解が生じてしまうため、あらかじめお断りする場面もあるようです。

 

もちろん、どちらがどうとかではいっさいなく

 

「ピザ」とひとえに言われても、浮かぶイメージも人それぞれなわけです。

 


また、入った或いは入ろうとするお店の印象によっても


浮かぶメニューの先入観はできあがってしまうでしょう。


たとえば、トマトソースパスタ(スパゲッティー)も同様

 

喫茶店と思ってなのか、カフェと思ってなのか、レストランと思って入店したのかによっても

 

出てくるトマトソースパスタのイメージも変わってきます。

 


トマトソースといえば、ケチャップでしょ!

 

トマトケチャップをベースにした

 

ナポリタンを思い出させる

 

甘くてケチャッピーな、どこか懐かしい喫茶店の味。

 

お子さんもお召し上がりになれるしね。

 

はたまた

 

よくあるスタンダードなあの感じ?

 

ファミレスとかで出会うトマトソースパスタの味。

 

にんにくの香り・オリーブの油・ためねぎの甘みなど複雑にして

 

なんとなくしっくり浮かぶトマトソースパスタの味や。


わたしは、ピリ辛ッ!

 

熱々のトマトソースといえば、ピリッとピリ辛!

 

にんにくの香ばしさと唐辛子の辛さがきいた

 

トマトソースが好きネ。


う、辛さ足りないくらい!タバスコください!

いやいやいや!!!

 

トマトソースパスタといったら

 

フレッシュ感たっぷりのトマトソースパスタよ!

 

自然の恵みたっぷりのトマトと酸味が甘酸っぱくて

 

リフレッシュ!


ちょっとまったぁ~!

 

バターの濃厚なコクとトマトの甘みがあわさった

 

甘~いトマトソースこそ

 

トマトソースパスタのイメージですよ。


リストランテのトマトソースパスタといえば

 

香味野菜と煮込んだトマトソースさ。

 

にんじん・たまねぎ・セロリの野菜の甘みが加わった

 

トータルなひと皿こそトマトソースパスタでしょうが。


すべてあり得るトマトソースパスタです。

 

①ナポリタンやミートソース系の濃い目の味付けや

 

②所謂、出来合いモノのよく口にするトマトソース。

 

③唐辛子のきいたアラビアータ系。

 

④湯剥きしたざく切りトマトを使ったものや

 

⑤バターを使った甘めのポモドーロ。

 

⑥ホールトマトに香味野菜を加えて煮込んだトマトソース。

 

 

 


うちのお店のトマトソース。

 

今年から変えました。

 


昨年までは、タマネギ・にんじん・セロリを使った⑤で仕込んでいました。

 

味の長所としては、トマトというより ひとつのお皿・ひとつのパスタ

 

パスタとしていっぴんまとまった皿になります。

 

短所としては、味がひとつにまとまるぶん、強くトマト感をもとめられた場合

 

きっぱりトマトソースですとならない点がありました。


そのときどきの香味野菜の味によっては、その分量も難しく

 

野菜の味や量が強くなってしまうと、ぼけた味のソースに仕上がる危険性もありました。

 


そして、お店の印象・イメージとしても


①~③あたりをイメージされている場合が多いように感じていましたので

 

今年からよりトマト感が引き立つレシピに変えました。

 


にんにく・タマネギ・ホールトマト(・オレガノ・オリーブオイル)。


トマト中心の布陣に変えました。



この布陣で予想されるよくあるパターンは


いまひとつ「コクがなく」「水っぽいトマトソース」になってしまう場合。


この場合の改善のポイントは、より煮詰める・・・・ではなくて


コクがない原因は、オリーブオイルの量が少ないためです。


油っぽくなってしまうのでは?と思いがちですが


オリーブオイルがトマトソースにコクと深みを加えてくれます。




と、トマトソースの話をしておきながら



ただいま、ヨーロッパで春をつげるお野菜


ホワイトアスパラガス!!


こちらを使った


パンチェッタとホワイトアスパラガスのパスタ


がランチとなっております!


ホワイトアスパラガスの独特の歯ごたえとほろ苦さが


まもなくの春のおとずれを感じさせてくれるいっぴんとなっております。